ママと一緒にアート講座について

andy-z

講座に参加されているアトリエ生もいよいよ来春は幼稚園生です。
みな希望の幼稚園に合格を頂き嬉しい11月です。

さて、ママと一緒にアート講座では2016年4月2日 ~ 2017年4月1日生まれのお子様とママのペアの募集を始めています。
あと2組募集しておりますので活動に参加されたい方はお気軽に詳細をお尋ねください。
すでに講座はスタートしておりますので、ご希望の方はこちらからお問い合わせください。

脳科学者の研究では、1歳までに視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚、五感と言われる感覚の基礎が出来上がると言われており、8ヶ月くらいからは色の3原色がわかり、1歳代では7色の色を見分けることも出来ると言われています。
2歳代ではどんなことができるのか、アート[表現]を軸に親子で学んでまります。

ATIという言葉を聞いたことがありますか?
[Aptitude-Treatment Interaction]
の頭文字をとってATIといい、日本語では「適正処遇交互作用」とよんでいます。
1977
年にアメリカの教育心理学者クロンバックによって表された概念で、個人差による教授理論のことです。
芸術のように美的価値感に左右されるものや高度なもの、専門的なものについては、特恵モデルが良いとされていることが述べられています。
個性を尊重しその個性を受入れ、その子の特性及び適正を見逃さないように、注意深く観察し、発達に寄り添いながら教授することが非常に大事であると考えています。
それには、大勢の環境で皆が同じ足並みで行うことは非常に難しいことがおわかりでしょう。特に幼児時代は、生まれた月齢の差が顕著なため、同じ学年で一括りにすすめることは無理があります。
一人ひとりの個性は異なりますし、置かれている環境も異なっています。
よってアトリエでは、少人数制で一人ひとりの発達に寄り添い、その子その子の発達課題を適正な時期に与えることが重要であると考えています。
それには常日頃一緒にいる養育者の造形教育に対する理解がとても重要であると気が付きました。
子どもの取り組んでいるものに大人が興味を持って接しているか、褒める、会話するなどコミュニケーションも大切です。アトリエの活動を通して、お子さんとたくさん会話して楽しんで頂きたいのです。
ぜひお子様と一緒に造形を楽しんでください。
アトリエはそれをお手伝いいたします。

お稽古時間:月1回 1時間
*お稽古日は、双方の相談によって決まります。
基本的には個別対応となりますが、お友達同士やグループでお稽古をご希望の場合もご相談ください。
水・木・金曜日の午前中に開催となります。
諸費用・空き状況はお尋ねください。

*親子クラスは体験講座を行っておりませんので、入会をご検討されている方・参加をご希望の方は詳細をお尋ねの上、面談・体験のご予約をお願い申し上げます。

*講師は主宰の小林が担当しています。

*2015年4月2日 ~ 2016年4月1日生まれのお子様とママの講座はこちらを御覧ください。

お問い合わせ・お申込みは問い合わせフォームよりお願いします。