ママと一緒にアート講座新規募集

andy-z
2019ママと一緒にアート講座*大好きな車をかいたよ

ママと一緒にアート講座の受講者募集のご案内です。
この講座は当アトリエで2007年から続いている親子で造形を体験する講座です。
開催当時はグループレッスンでの開講でしたが、現在は個別講座で一人ひとりに寄り添った活動をしています。
対象は、2021年に幼稚園入園予定の未就園児とママのペアです。
募集要項はこちらです。
2020年4月からスタートされたい方を今回募集いたします。

【個別レッスンの特徴】

・マンツーマンのため子どものペースに合わせてお稽古ができます。
・月齢に応じた制作を体験します。
・ご家庭での造形活動の仕方や寄り添い方をフォローします。
・保護者の方からの教育相談を承ります。
・完全予約制のため、スケジュールカレンダーから受講日をお選びいただけます。
・決まった曜日、時間でなくても、月何回でも空きがあればご予約いただけます。

ATIという言葉を聞いたことがありますか?

[Aptitude-Treatment Interaction]の頭文字をとってATIといい、日本語では「適正処遇交互作用」とよんでいます。

1977年にアメリカの教育心理学者クロンバックによって表された概念で、個人差による教授理論のことです。

芸術のように美的価値感に左右されるものや高度なもの、専門的なものについては、特恵モデルが良いとされていることが述べられています。

個性を尊重しその個性を受入れ、その子の特性及び適正を見逃さないように、注意深く観察し、発達に寄り添いながら教授することが非常に大事であるのです。

それには、大勢の環境で皆が同じ足並みで同じ方法で行うことは非常に難しいことがご理解いただけるかと思います。
特に幼児時代は、生まれた月齢の差が顕著なため、同じ学年で一括りにすすめることはかなり難しいといえます。
一人ひとりの個性は異なりますし、置かれている環境・造形に携わってきたキャリアも異なっています。一人ひとりの発達に寄り添い、その子その子の発達課題を適正な時期に与えることが重要であると考えています。
同じことを学ぶにしてもその子にあった教授法があります。

幼児に限定している理由は、その年代が一番個別指導の恩恵を得られるからです。
この時代に親子でしっかりと基礎を学び主体的な活動を習慣づけることで、小学校以降の様々な学びに良い影響を与えるのです。

親子クラスからお稽古を始めてきたアトリエ生は、技術的な向上や自信がつくなどの良い結果がみられます。

お申し込み方法・レッスン枠・費用等はお問い合わせください。
お問合せは問い合わせフォームよりお願い申し上げます。
皆様のご参加をお待ちしております。