お稽古初めは福笑い

andy-z

月曜日からお稽古が始まりました。
新年の最初のお稽古日は必ず福笑いを作って遊びます。
アトリエに入ってまだ1年経っていない子ははじめての制作です。
アトリエ歴の長い子はもう何回も作っていますが、年令によって好みやできることが変わってきますので同じものはありません。
また、毎年作っていることを知っているので、「今年はこういうデザインにしよう」と考えてくる子もいます。
毎年毎年行うことで、その子の成長を見ることができます。

Iちゃんの幼稚園年長さんのときの福笑いです。

Iちゃんが小学校1年生のときの福笑いです。
幼稚園のときに比べると顔の表情、パーツの作り方が異なります。

2年生で作った福笑いです。
髪型やアクセサリーなど小物使いを考え始めました。
表情もいくつか作っていました。
だんだんシンプルになっていますね。

小学生クラスは、制作に時間をかけすぎて遊ぶことが叶わなかったのですが、きっと家にかえってからご家族で遊ばれていると思います。
面白い顔を作って笑顔にあふれる1年のスタートにしたいと考えています。